ポリシー

お車1台1台、お客様もお一人お一人コーティングや車体保護、修理に求めるものは異なります。

GLOSSYはお客様のご希望やご予算に合わせ柔軟に対応する事を心がけております。
店内の様子

全て私がご案内致します。

私がコーティング、修理、防錆に関わる全てをご提案致します。
GLOSSY 代表

カーコーティング専門店 GLOSSY代表 森 新
新潟工業高校機械科卒業後上京、2000年からガラスコーティング施工業、オートバイのカスタムペイントや自動車の鈑金塗装業を開始。並行して2輪ロードレース国際A級ライセンスを取得、2004年よりプロのオートバイレーサーとして活動し、2005年には世界2輪ロードレース選手権125ccクラスにワイルドカード(主催者推薦)にて出場。

2006〜2009年まで名門チームHARC-PROから全日本ロードレースST600クラスにフル参戦し2010年引退、専門学校講師(モータースポーツ二輪学科)経験有り。

レース引退後2010年に故郷新潟に戻り、自分の得意分野を追求する事を決意し心機一転カーコーティング専門店『GLOSSY』を開業。自動車のボディー研磨、コーティング関連に特化した業態で運営。フェラーリやランボルギーニ等のスーパーカーのチタンマフラー開発、プロデュースを担当。オートバイのライディングレッスンも間瀬サーキットにて月1でライフワークとして活動中。

2017年より工場移転拡張し、更なる品質向上を目指すと同時に他店への技術サポート
及びコーティング、ケミカル製品開発、販売を開始。以上がざっくりとした私のプロフィールです。

私がレーサー時代に学んだ探究心を皆さまのお車へ反映させて頂けたら嬉しいです。

〜私が本物の艶に出会うまでの苦悩と軌跡〜

 

当社の社名は『GLOSSY』意味は光沢のある、艶やかななどの意味を持ちますが、そんな名前を名乗っているくせに、

かつての私は本物のツヤ、性能を持つ研磨剤やバフ、コーティングになかなか出会うことができず、

一時はGLOSSYと名乗ることを『恥ずかしい』とさえ思える日々がありました。

有名なものから無名のものまで様々なコーティングや研磨剤、バフや研磨機材をテスト、検証しておりました。

 

色々と試行錯誤するうちに技術と知識レベルが上がり、ようやくお客様からは

『森さんにお願いして良かった』等と言う声を頂ける様になりました。

しかし、それでも私自身は『もっといいコーティングがあるはずだ』と考えていたので

心の奥底ではもやもやとした気持ちがクリアになる事はありませんでした。

 

202ブラックをもっと高照度かつそこそこ簡単に安定的に輝かせることができないだろうかと悩み、

原材料を探してみたり研磨剤と睨めっこしてダイアモンドの粒子を取り寄せてブレンドしてみたり研磨剤の論文を漁ってみたりと、

今思うとバカな事をしていたなと思いますが、当時はとにかくツヤを上げる事に必死でしたのでその研究は日課のようになっていました。

 

しかしいくらこねくり回してもなかなかコレだ!と言える様な突破口は無く・・・・。

やはり変わらずもやもやした気持ちはしばらく続いていきました。

 

そんなある日、疎遠になっていたバフ製造メーカーの開発者から有力な手がかりをもらいました。

その人の話によると、バフの卸し先にで、コーティング開発に尋常ではない情熱を注ぐメーカーがあるというものでした。

 

そのコーティングメーカーが作った製品の評判を表現する言葉は他の物と明らかに違った様子でした。

一部のカーマニアの間では『このキレのある光沢は他ではありえない』『汚れても洗車で劇ツヤが帰ってきた』

『雨で濡れても水滴の奥にバシッとツヤがあるのがわかる』等、よそでは聞いたことのない様な表現で絶賛されていました。

 

今度こそ本物に出会えるかもしれないと思い是非お会いしたいと志願すると、

メーカーの社長様と直接合わせて頂く事が叶いました。社長とお話しさせていただく中で、

社長のコーティング開発に対する熱苦しいまでの情熱と思い入れ、そして経験値と知識の奥深さ、

製品の細部にまで気を配る姿勢に感動し、即決でそのメーカーで製造する豊富な製品の中でで最も光沢の強い材料取り扱わせていただく事にしました。

 

工場に戻り早速施工開始!

下地を造り終え、いよいよコーティングの施工開始!

まだ不慣れな1回目なので半信半疑で塗り込み、施工を終えました。

その結果は・・・・??。

 

完成した真っっっ黒な塗装面のその品のある光沢に顔がほころんでしまいました。

 

しかし、、、本当の輝きが得られるのは約12時間後以降でした。

初期硬化を終えたその光沢は『ツヤ』という表現よりも『高反射』という表現が適切だと思います。

しばらくニヤニヤが止まらず何度も車の周りをぐるぐると回りジロジロ見てしまいました。

 

いわゆるピアノブラック、トヨタ202ブラックのアルファードは正真正銘の漆黒へと生まれ変わり、

入念に磨き上げた下地の上に施工すればスポットライトを当てた反射面は直視すれば光が痛いと表現しても大げさにならないレベルにまで到達しました。

下地作りにかけた時間と努力が一瞬で喜びに変わった瞬間だったことは今でも鮮明に記憶しています。

(ちょっと暑苦しい文章ですみません・・・・。)

 

そのお客様への納車連絡の時に、本当は『凄い光沢に仕上がりました!』

と言いたかったのですが、お客様の自然な反応を見たかったのであえて、

『お車が完成致しましたのでご都合の良い時にご来店ください。』

と,いつも通りに伝え、翌日のお客様の来店を待つことにしました。

 

納車日当日、仕事を終えたO様が来店され、生まれ変わったご自分の愛車を見た第一声が、

『スゲー!写真撮ってもいいですか!?』

『綺麗になるとは思っていたけど想像を超えました!』

等と言っていただき、コーティング導入以前には見る事のできなかったお客様の反応を目の当たりにし、

逆に私が驚いてしまいました。

なぜなら、このお客様は他店で十数万円かけてコーティングしたものの、

もう一つ納得できず当店に駆け込んだお客様だったからです。

 

その後何台か施工し、納車する度にお客様の驚いた顔を繰り返し見るうちに、

本当にレベルの高いコーティング剤があるという事実を

しっかりと受け入れることができました。
 

あなたにも私と同じワクワク感を体感して頂けたら磨き屋冥利に尽きます。

店舗情報

会社名 : カーコーティング専門店Glossy
店舗住所: 新潟市東区松崎 2-29-34
営業時間: AM10:00〜PM6:00
定休日 : 毎週日曜日他不定休
代表  : 森 新
直通TEL : 090-1453-2498
FAX : 025-272-9160
mail : coating.glossy@gmail.com

アクセス

新新バイパス逢谷内インターを降りて頂き、
新潟空港方面へ、小嶋屋総本店様、炭火焼肉てんてん様のある交差点を右折してください。
 
湯ったり苑様向かいの白い建物の向かって左側が入り口になります。

逢谷内インターからの経路

経路案内写真はスワイプしてご覧頂けます。
参考にしてくださいね!
写真1
新潟空港方面へ向かい少し走ると右手にコメダコーヒー、美容室イタクラ様が見えてきます。

写真2
そのまま進むと左手にかっぱ寿司、イオン新潟東店がある大形本町交差点に来ますがそのまま直進。

写真3
さらに進むと左手に炭火焼肉てんてん、右手に小嶋屋そばのある十字路に差し掛かりますので右折して下さい。

写真4
そのまま数百メートル進むと右手に銭湯、湯ったり苑が見え、その向かいの白い倉庫風建物が当店です。油断すると通り過ぎてしまうので気をつけて下さい(笑)

お車はどこでも止めやすい場所に止めてインターホンでお知らせください。

完全予約制になりますのでご来店の際はお手数でも一度ご連絡頂けると助かります。

お問い合わせ

わからないことがあればいつでもフォームから問い合わせできます。スマホでご覧の方、入力がご面倒な方は電話で問い合わせるボタンのタップで通話できます。お気軽にどうぞ。

GoogleMap

会社名    :  カーコーティング専門店Glossy
店舗住所: 新潟市東区松崎 2-29-34
営業時間: AM10:00〜PM6:00
定休日 : 毎週日曜日他不定休
代表  : 森 新
直通TEL  :  090-1453-2498
FAX        :  025-272-9160
mail       :  coating.glossy@gmail.com

この内容で送信します。よろしいですか?