カービューテーィーライフ応援ブログ

Original

新潟の車に下回りの防錆処理は必須!?塩害ガードの錆止め効果と価格、どんなもん?

あなたは新潟などの雪国で走っている車とそうでない県で走っている車の微妙な違いに気がついた事がありますか??

 

軽自動車が多い? 車が汚れている? 地味な色の車が多い?

確かにそれも事実です。しかしもっと地味でもっと深刻な違いがあります、、、、。って、 タイトルでわかっちゃいますね(笑)そう、新潟の車は他県の車と比べて圧倒的に錆びまくっているんです。外装が錆びている車も多いですが、それ以上に車の下回りがサビサビになっている車がとっても多いのが新潟を代表とした雪国の車の特徴。

普段は車の下部を覗く事なんてほとんど無いので気がつかないかもしれませんが一度よーーく見てみて下さい。新車から3年以上経っている車ならほぼ間違いなくサビが出始めています。

サビに対する基礎知識を身につけて車の価値を守りましょう!

新潟の車が錆びる最大の原因とは?

でも、なぜ新潟の車は他県の車より錆びやすいのでしょうか?

その理由は主に融雪剤(塩)でした。ここ数年融雪剤の散布量は劇的に増加していることをご存知でしょうか?スパイクタイヤが禁止になって以来スリップ事故が多発しており、凍結防止剤の散布量は増加傾向にあるということが大きな要因と言えそうです。

加えて沿岸では海からの潮風も大きな要因になります。そう、新潟をはじめとする沿岸の雪国は1年中塩に曝されるという、車にとって最悪環境なのです。

1.なぜ今防錆が必須に??

先にも書いた通りこのような塩漬け状態では鉄の塊である自動車が錆びないわけがありません。はじめは足回りのボルトナットやマフラーのボルトが錆び始め徐々にサスペンション本体や塗装の弱いサスペンションアーム近辺から進行していきます。この時点ではまだほとんどの方は気がつく事はありません。車のボディーは毎日見ていても下まで覗き込む人はほとんどいませんから、、、、。

そして気がつかない間にもサビは少しづつ車を蝕んで行き、気がついたときには手の施しようのない状態にまで進行しているのです。この時に焦って対策しようとしてももうサビを止めることはできません。せいぜい進行のスピードを遅らせる程度です。対策をするなら新車時がベスト、サビが進行する前がベターという事になります。更に、、、

2 . 防錆しないと大損をする?

錆びで車が侵される事は分かっていただけたと思います。しかし今の車は防錆塗装をしなくても10年やそこらで走行不能になる程には至りません。(軽自動車はマフラーが錆びて穴が開き爆音になることはよくありますが・・・)それなら防錆塗装をする意味なんてないのでは?と思いませんか?

ある意味それも一つの選択ですので否定はしません。しかし防錆をする費用より防錆をしなかったことにより発生する損失の方が大きいことも多いのです。

サビの多い車と綺麗な車の査定価格の差がマイナス10万円を超える事はよくある話、対して防錆にかかる費用がおおよそ5万円程度とすると、サビが予防できて綺麗に乗れる上に単純計算で5万円得することになります。つまり、防錆しない方が損失が大きくなりやすいのです。

防錆の心得

では実際にどのようなことに気をつければサビを予防することができるのでしょうか?まずは個人でできるレベルの対策からお伝えします。

・高速道路やバイパス等は大量の融雪剤が散布される為冬場の積雪時の走行は控える。

・雪道走行後はなるべく早いうちに下回りを高圧洗浄する。

・市販の防錆塗装(スプレータイプで厚膜のものかエポキシに限る)で塗装する。

・年に数回は車体下部を覗き、防錆塗装が弱ったりサビが出てないか確認する。

本格的に防錆をする場合は

・車購入後極力早いうちに防錆塗装の専門業者に施工を依頼する。

・年に1回程度施工業者にリフトアップしてもらい塗装の弱りが無いか見てもらう。

・飛び石などで弱っている部分があれば補修施工してもらう。 

個人で塗装するか業者に依頼するかは分かれるところだと思います。自動車整備に関しての知識のある方、時間に余裕がある方、自分でやるのが好きな方は市販品で対応。

錆びるのは嫌だけど普段忙しくてなかなか車にかける時間が無かったり、車の下にもぐって作業するのは経験が無いし怖い。そもそも何をどうやったらいいのかさっぱりわからない。そんな方は業者に依頼するのがベターかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?しっかり防錆するメリット、しない起こるデメリット、どうしたらサビを防ぐ事ができるのか。何となくわかっていただけたでしょうか?

 

もし自分で施工するなら絶対に覚えておいてほしいこと、それは、水性とか薄膜タイプの塗料にはほとんど防錆効果が無くサビ隠しに過ぎないということ。自分で塗装できるスプレー缶タイプのものであればオススメはソーラーのピンプルもしくはワコーズの塩害防止塗料ですね!

この2点は入手も容易なので自分で塗装してみたい、手間をかけてでも防錆費用を抑えたいという方にはおすすめの商品になります。ご自分で塗装する際にわからないこと、質問があればコメントいただければお答えします。

あなたのカーライフが充実したものになりますように。


森 新

森 新

カービューティーコーディネーターARATAが車のきれいを応援するブログを発信中 私の経験と知識がお役に立てることを願っております。 わからないことやご相談があればコメントくださいね!

GLOSSY

この内容で送信します。よろしいですか?