カービューテーィーライフ応援ブログ

Original

黄砂が車に及ぼす影響と対策を考えた結果行き着いた大原則とは?

毎年春が来ると、中国の内陸から砂漠の黄砂が偏西風によって日本に流れついてきます。

その黄砂により体調不良を訴える人が出ますが、黄砂の影響は人だけではありません。

車にも影響を及ぼしているのです。

 

そこで、今回は黄砂がもたらす車への影響や黄砂対策、予防策についてご紹介します。

春が来る前に知っておいて準備に備えましょう!

 

黄砂が車に及ぼす悪影響

そもそも黄砂とは砂です。そのため車の表面に付くと、見た目にも汚れてしまいます。

日によって黄砂が飛んでくる量が多い場合は、車全体が黄色くなってしまうこともあるのです。

 

さらに黄砂が及ぼす被害はこれだけではありません。

車についた黄砂を落とすために車の表面を布などで擦ると、黄砂には非常に硬い成分が含まれているため、摩擦によって車のボディに傷がついてしまうのです。

 

また、車に黄砂が付いた状態で雨が降ったとしましょう。

するとその雨は、黄砂のミネラル分が溶け出した雨水となります。

その雨水がボディに付着することで、水の痕が残ってしまい、

いわゆるウォータースポットができやすくなってしまうのです。

 

黄砂が及ぼすダメージを防ぐための対策

黄砂が及ぼす被害から車を守るためには、黄砂を車に残しておかないことです。

常日頃から車のケアをすることが大切です。

洗車をする時は、まず車全体に水をたっぷりと掛けます。砂を洗い流しましょう。

次に大きなサイズのスポンジと車用シャンプーを使いながらたっぷりと泡立てます。

ゴシゴシと力強く擦らないように優しく洗いましょう。

 

強く擦ることで、黄砂がボディを傷つけてしまうので注意が必要です。

また、黄砂が多く飛んでいる日の洗車は避けた方が良いでしょう。

 

 黄砂によるダメージを予防するには?

黄砂から車を守るために、前もってガラス系コーティングをボディに施しておくと良いでしょ

う。ガラス系コーティングは、硬度の高い被膜をボディ表面に施すことで、汚れなどが付きに

くくなります。汚れが付いた場合は、洗車をすれば落ちやすくなります。

 

黄砂が付いてしまった場合でも、水洗いをすれば簡単に落とすことが出来る上に、黄砂による

ボディに傷がついてしまうことも防ぐことが出来るのです。

 

西日本の日本海側の地域は黄砂が特に飛散するといわれています。

中国大陸に近いので、黄砂の影響を受けやすいのです。

近年では黄砂の量が増加しており、日本での被害も拡大しています。

そろそろ黄砂が飛ぶ季節となりましたね。

本格的に飛散する前に対策や予防策を知っておくことが大切です。

 

事前に対策準備をしておき、汚れてしまった場合でも正しいケアをすることで、大切な愛車を

守りましょう。

人気記事ランキング

会社情報

    タグ

    アーカイブ

    タグ記事

    カテゴリ

    この内容で送信します。よろしいですか?